オガサワライフ.com

小笠原諸島の観光情報まとめサイト

小笠原諸島父島の現地人おすすめ夕焼けスポット10選!朝陽も!画像あり

   

こんにちは。

今回は小笠原諸島父島のオススメ夕焼けスポット(サンセット)についてご紹介していきたいと思います^^

アクセスやオススメ度についても入念に書いていきますね。

父島にご来島の際は、ぜひこちらの記事を参考に色々散策してみてください。

360度海に囲まれた島ですが、夕焼けにも様々なロケーションがあって感動間違いなし!

島民しか知らない裏スポットもちょっとだけ紹介しますよ^^

アクセス:(レンタルバイク、車の前提)
オススメ:(ロケーションなど)


スポンサードリンク

小笠原諸島父島の夕焼けスポット「海編」

 

サンセットの原理はご存知でしょうか。

ちなみに、

夕日・夕焼け→サンセット
日出→サンライズ

 

という使い方で、ちょっと洒落た気分になれるかもしれませんね^^笑

 

 

夕焼けの原理は太陽が沈みかかると斜めに太陽光が地表に差し込み、一番波長の長い「赤色」が届きやすくなるため、これが夕焼けで赤く染まるわけです。

ごくごく稀に、さらに波長の短い緑色まで届くことがあります。

空気が非常に澄んでいて、様々な条件が揃っているときにしか届きません。

それは「グリーンフラッシュ」と呼び、日没時に一瞬の緑の閃光が見れます。

グリーンフラッシュに関しては別記事にまとめたのでこちら↓をどうぞ^^

・【幻の光】グリーンフラッシュとは!?条件や見れる場所について[小笠原諸島]

そんな素敵な島、小笠原諸島父島のサンセットスポット海編をご紹介します^^

 

前浜(青灯台・大村海岸)

 

おがさわら丸が着岸する二見港の真横にある広場。

通称・青灯(あおとう)

ここは様々なひとたちが集まる場所であり、解放的な空気を味わえる。

太鼓を叩く者から自転車を練習する子供まで、老若男女が一息つくスポット。

ここから臨むサンセットは、夕日が落ちていく瞬間は山に阻まれて見えないけど、拓けた空の淡い焼け具合を楽しめます。^^

 

 

ビール片手におしゃべりして、時間の経過を楽しみましょう。

生協やスーパー小祝も近く、自動販売機には豊富なお酒の種類があり、カップラーメンの自販機まであります。

宿で息がつまりそうになったらここ、青灯台にフラッと立ち寄ってみましょう。

島民と仲良くなれるかもしれません^^

アクセス:★★★★★
オススメ:★★★

 

製氷海岸

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

漁協の施設をさらに進むと、青色系でペイントが施された堤防が見えてきます。

ここは通称・製氷海岸

青灯台と同じく、海に落ちるところは見れませんが、ひとの少なさが◎

ビーチはサンゴダストで、ちょっと泳げば枝サンゴの大群が!

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

ここはシュノーケリングスポットとしても人気です。

一段低くなった堤防に座り、色の移り変わりを楽しみましょう。^^

ビーチ沿いに奥まで進むとカメセンターがあります。(海洋センター)

ここでカメの飼育や様々な資料を見ることが出来ますので、ぜひそちらも足を運んでみてください^^

チェックしておきたいことは、製氷海岸は素潜りスポットとして絶大な人気があり、ちょっと泳げばすぐドンと深くなります。

サメもよく出現しますが、基本的にひとを襲いません。

しかしケガをして出血してる場合や魚突き、タコ獲り中で腰に獲物をぶらさげたりしてると狙ってきますので要注意。

アクセス:★★★★
オススメ:★★★

 

小港海岸

 

バスも通っていてアクセスが楽。

綺麗なビーチが広がっていて、ビーチバレーボール大会も行われるほどのスペースがあるポイントです^^

ここは時期によっては夕日が隠れてしまいますが、それでも綺麗です。

夕日が隠れるとこんな感じ

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

まっすぐ落ちればこんな感じ

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

どっちも息を飲む美しさ。

アクセス:★★★
オススメ:★★★★

 

焼き場海岸

 

父島でサーフィンといえばここ!

というくらいに、ウネリを拾いやすいサーフィンスポット。

こちら、別名は「サンセット」といわれており、その名の通り夕焼けがめちゃ綺麗。

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

このトロットロな夕焼けを見ながら波乗りをするという最高な時間を過ごせます。

波は、南〜北を基本的に拾いますので、毎日波があるというわけではないですね。

波がない時はプライベートビーチっぽくなります。

サンセットだけ見にいくのも格別。

行き方はちょっとややこしく、コペペ海岸に向かう途中にあります。

両サイドに駐車スペースが出てきたら、そこに車やバイクを停め、右に入れるところがありますのでそちらから山を下りていきましょう^^

この良い味を出した看板が目印。

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

アクセス:★★
オススメ:★★★★

 

扇浦プチシークレットビーチ

 

湾岸線をコペペ方面に真っ直ぐ行くと、左手に見えてくるのが居酒屋かなめ。

このお店の前あたりから、下に降りれる場所があります。

ここがプチシークレットビーチ

夕日も落ちるところまで見れるし、奥にはハンモックなども♪

観光客はあまりいないのでオススメです。

貸し切りになる可能性が高いスポット^^

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

ぜひ探してみてください。

もちろん、人は多いですがお隣の扇浦海岸からも同じような景色を拝めますよ。

アクセス:★★★
オススメ:★★★

 

小笠原諸島父島の夕焼けスポット「山編」

 

さて、ここからは山から拝むサンセットスポットをご紹介していきたいと思います^^

海を目の前にしてサンセットを楽しむのも素敵ですが、山に登ってそこから雄大な景色を丸ごといただいてしまうのも最高です。

 

傘山

 

ここは最高な夕焼けスポット。

筆者が一番好きなスポットでもあります。

夜明け道路を上がっていき、傘山という看板が入り口に立っていますのでそこが目印。

まずは擁壁の上を伝ってのぼると、なんとかなく入れそうな雰囲気に。

そこから歩いて登り約4〜5分、絶景が広がります。

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

しかしながら、途中ちょっとした崖などがあり、危ないので運動神経にあまり自信のない方にはオススメできません。

小さい子供やお年寄りにもちょっと無理があるでしょう。

鉄塔が見えてきたらそこに座って最高な景色を堪能し、神様気分を味わってください^^

下界を見下ろすという感じで、もう言葉が出ません。

夕焼けも強烈。

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

注意点は、暗くなるまで夕焼けを堪能してしまうと、山道を下るのがかなりデンジャラスになってくるので沈んだら明るいうちにすぐ下山し始めましょう。

アクセス:★
オススメ:★★★★★

 

中央山

 

ザックリ言うと、前述の傘山のとなりの山の頂上といった感じです。

ここは傘山よりもわかりやすく、さらに歩きやすいです。

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

出典:http://wadablog.com/

 

急な登りもなく、お年寄りでも安心。

さらにベンチや案内板もあり、整備されています^^

サンセットの感じは傘山と似ていますが、やはり傘山よりかはシークレット感に欠けますね。

こちらも入り口に中央山と書いてあるので見逃さないようにしましょう^^

アクセス:★★
オススメ:★★★★

 

中山峠

 

小港海岸の入り口から左へ。

登りはちょっと長いですが、整備されているので結構歩きやすいです^^

昼でもかなりの絶景。

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

(ここはまだ登り途中)

 

小港海岸では時期を外すと海に落ちていく夕日は見れませんが、中山峠ならバッチリ。

そのまま下に山を降りていくとブタ海岸に到着します。

そこまで降りてプライベートビーチに近いものを堪能するのも良いですが、一山越えるので体力に自信のない方は中山峠までにしておきましょう。

お水を忘れずに!すぐに熱中症になりますよ。

アクセス:★★
オススメ:★★★★

 

ウェザーステーション

 

小笠原一有名なサンセットスポット。

アクセスも良く、バイクや車でも最後まで乗っていけるし、駐車場やウッドデッキ、トイレも完備。

設備は抜群だけど、その分ひとがたくさん^^;

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

しかしながら、ここウェザーステーションこと三日月山展望台はなんといってもグリーンフラッシュとの遭遇率がなんと世界一!

日本ではなくて世界です^^;

グリーンフラッシュについての記事はコチラにまとめましたので良かったらどうぞ^^

いつ行ってもこのウェザーステーションで貸し切りの夕焼けタイムは多分ないと思いますが、アクセスのしやすさから毎日ここに通う観光客も多いです。

夕暮れ時、どこにサンセットを見に行けばいいのかわからなくなってしまった場合はウェザーステーションを目指しましょう^^

湾岸線(メイン道路)をガソリンスタンド(街側)の方へずっと直進すると自衛隊の基地にぶつかります。

そこを道なりに右へ曲がり、グネグネと山を登っていくと左手に三日月山展望台(ウェザーステーション)と書いてある看板が立っていますので左折。

終点まで走れば到着です^^

歩いても行けますが、片道30~40分は覚悟しましょう。

ずっと登りなので、レンタルバイクやレンタカーを強くオススメします。

アクセス:★★★★
オススメ:★★


スポンサードリンク

【オマケ】裏サンセットスポット、コペペ砲台!

 

ここはオマケで書きますね!

観光客のほとんどが知らないマニアックなサンセットスポット、

コペペ砲台

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

ここは戦跡で、湾内に侵入してきた船を壕から砲撃するためにつくられた断崖絶壁にあるスポット。

ここが最高のサンセットスポットとして島民の間では人気が高いです。

なんといっても、砲台がそのまま残っており、しかも本当に断崖絶壁。^^;

一歩間違えれば確実に・・

しかしあまりにも希有なロケーションなので、一見の価値は大いにあります。

場所は、コペペ海岸に着く直前から右の山道に入ります。

入り口はちょっとわかりづらいですが、そこから道なりに行けば到着。

かがまないと入れないくらいの穴から光が差し込んでいますのですぐわかりますよ。

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

3つくらい壕がならんでいるのですが、一番奥がオススメです。

砲台が丸ごと残っているのが確か一番奥だったと思います。

初めてそこの空間に入ると、思わず「ヤバっ!」となるくらい素敵なロケーション^^

転落には本当に気をつけてくださいね。

走り回りたい時期の、小さなお子様連れの方にはオススメできません。

アクセス:★★
オススメ:★★★★★

 

番外編:朝日(サンライズ)は長崎展望台

 

サンセットではなく、朝焼け(サンライズ)を見たいという方は、長崎展望台をオススメします^^

 

小笠原諸島 父島 サンセット 夕焼け 夕日

 

こちらもバイクなどがあればアクセスは楽で、ある程度整備された道を1分くらい歩けば到着します。

お隣の島、兄島も一望できて、朝陽も最高。

かなりエネルギッシュな感じになること間違いなし。

夜明け道路から行けます^^

看板を見逃さずに!

アクセス:★★★
オススメ:★★★★

 

まとめ

 

今回は小笠原諸島父島のサンセットスポットをまとめてみました^^

やはり山に登って見るサンセットが安泰ですね。

しかし山登り、下山は陽が沈むと超危険なので要注意!

熱中症予防のためにも、お水は必ず持ってサンセットを狙いにいきましょう。


スポンサードリンク

 - オススメ , , , ,