オガサワライフ.com

小笠原諸島の観光情報まとめサイト

小笠原諸島でギョサンを買おう!オススメ理由や起源について!

      2017/09/08

ギョサンをご存知ですか?^^

知らない方なら全く意味がわかならい言葉かと思いますが、これは沖縄や小笠原諸島ではポピュラーなサンダルになります^^

全くイメージがつきにくいギョサンですが、これがなかなか優れモノなんです。

今回はそんなギョサンのオススメ理由や起源(由来)、値段など、色々と迫ってみたいと思います^^

あなたも小笠原に来たら、まずはこのギョサンを買いましょう!


スポンサードリンク

小笠原諸島に来たらギョサンを買おう!ギョサンってなに!?

 

ギョサン・・

ビーサンなら知ってる・・

 

小笠原諸島 父島 ギョサン 値段 おすすめ

出典:http://ishigaki-asobi.com/

 

このギョサン、正式名称は「漁業従事者用サンダル」といって、もともとは漁協の方や漁師さんが履くサンダルなのです。

このギョサンですが、小笠原ではかなり人気。

というか、もはや生活の一部。^^;

ギョサンが完全に生活と密着しているのがよくわかります。

来島してみるとわかりますが、み〜〜んなこのサンダルを履いていて、一種の新興宗教なのかな?と思ってしまうほど。笑

小笠原諸島父島の人口は約2000人ですが、6〜7割くらいの方が履いていると思います。

 

小笠原諸島 父島 ギョサン 値段 おすすめ

出典:http://cache.cart-imgs.fc2.com/

 

「家に帰ればある、ベランダとかで使ってる」という方も合わせれば、8割を超えてくるんじゃないかなと推測します^^;

そのくらい人気なこのギョサン、カラーバリエーションも豊富。

実際に数えたわけではないのですが、ギョサンの通販サイトを見ると40種類とあるので、そのくらいはあるのでしょう・・

凄いですね。笑

周りを見ると、基本的に必ず一足は持ってるイメージです。

ハハギョと呼ばれる、母島モデルのギョサンもありますよ^^

 

ギョサンの起源や由来ってなに!?

 

ポピュラーでフェイバリットなギョサンですが、そうなると

どこで作られ始めたのか
どういう経緯なのか

というのも気になってくるところですよね^^

最近では、テレビなどでも取り上げられ、若い女性などにも人気だとか・・

筆者は初めて見たとき「あ、あの便所サンダルか」と思ってしまいました。笑

そんなギョサン、発祥の地はなんとここ小笠原諸島。

 

小笠原諸島 父島 ギョサン 値段 おすすめ

 

当初は「滑らないサンダル」として、濡れたタイルや地面の上で仕事をする漁業関係者のみ履かれていたそうです。

その後、その便利さから島民にも浸透し、本土の方々にも火を付けるキッカケとなったのが「母島特注の白ギョサン」とのこと。

今まではTHE 便所サンダルのイメージそのままである地味なカラーリングばかりでしたが、オシャレ要素がそこに加わったことにより爆発的人気を誇りました。

アイドルグループ嵐の大野智さんがギョサン好きで有名で、度々テレビで紹介してくれています。

 

小笠原諸島 父島 ギョサン 値段 おすすめ

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

沖縄でも愛されているギョサンですが、まさか小笠原が発祥だと知っている方は少ないかと思います。

さすがにここまでのカラーバリエーションを店頭で買えるのは小笠原だけみたいですね。

沖縄でも何度か見かけましたが、店頭でのカラーバリエーションは多くなかったです。

沖縄でギョサンを履いているのを見かけたことがある人も、小笠原島民のギョサン率にはさすがにビックリするでしょう。笑

本当にそれくらい、みんなギョサンを履いているのです。

一度ギョサンを履いたらやめられない理由を事項に書いていきますね^^


スポンサードリンク

ギョサンのオススメ理由!

 

さて、一度履いたらやめられないとまらないギョサンについて、オススメの理由を書いていきたいと思います^^

ある意味、しっかりとギョサンについて考えるのも新しい試みなので、これはこれでイイですね。笑

 

滑りにくい!

 

なんといっても、「漁業従事者用サンダル」。

滑らなさはホンモノの証。

これがギョサンを売り出す最大の売りなのかもしれませんね^^

岩場や濡れたタイルや路面の上、様々なシチュエーションでギョサンを履いて生活してきましたが、ビーチサンダルに比べて本当に滑りにくいと思います。

滑りにくいからこそ、内地ではトイレで使用されることでもお馴染みですものね!

この滑りにくさは島の誇りでしょう。

 

すぐ足に馴染む!

 

履き慣れていないビーチサンダルで、靴擦れになったことはありませんか?

ギョサンなら大丈夫。

靴擦れがしにくいんです。

ビーチサンダルでは、鼻緒の部分で足の指の間が靴擦れしたりしますが、ギョサンだと靴擦れしにくいです。

もちろん靴擦れゼロではないですが、一般的なビーチサンダルに比べて足に馴染みやすいですね^^

 

丈夫!壊れにくさ◎

 

ギョサンの頑丈さにはみんなビックリ!

年中履いていても、全く壊れません^^;

2〜3年に一回、買い換えるくらいでしょうか・・

ギョサンは鼻緒(足の指の部分)がソールと一体化しているため、鼻緒が抜けるというビーチサンダルでありがちなトラブルもありません。

岩場等、負荷がかかりすぎて鼻緒が抜けた経験はありませんか?

一度抜けると癖になってしまうため、何度も抜けます。

そうなると危ないので買い換えちゃいますよね。。

しかしギョサンなら全く問題ありません。笑

鼻緒、抜けませんから。笑

ギョサン自体も丈夫なゴムで出来ているため、かなり頑丈。

ビーチサンダルのスポンジのような材質とはまるで違います。

しかし、逆にちょっと重く感じるかもしれませんね^^;

 

なんといっても安さ!

 

そんなギョサン、やっぱり一番イイのはそのお手頃価格なところ。

この屈強さで、なんと700円そこそこで買えてしまいます^^;

小笠原に着きましたら、ツアーなどの前にサクッと買って用意しておきましょう。

 

まとめ

 

この圧倒的低価格、頑丈さ、滑りにくさを兼ねている実用性、すべてひっくるめて長〜く愛されているのでしょうね。

ちなみに、小笠原から海外に旅に出る方などでも、ギョサンのまま行ってしまう方が多いです。

筆者も何カ国かギョサンで歩き回りましたが、うん、やはり最強。笑

小笠原に来たらギョサンで間違いなし!


スポンサードリンク

 - オススメ , ,