オガサワライフ.com

小笠原諸島の観光情報まとめサイト

小笠原諸島ではSUP(サップ)が超オススメ!レンタルや楽しみ方を伝授!

   

こんにちは。

前回はシュノーケリングの記事をお届けしました^^

まだ読んでない方はぜひチェックしてみてくださいね。

さて、本日は今話題の「スタンドアップパドルボード」についてご紹介していきたいと思います。

通称サップ。頭文字のS.U.Pを読んだものになります。

小笠原諸島ではこのサップがかなりのオススメなので、その理由や楽しみ方などについて迫っていきたいと思います^^


スポンサードリンク

サップ(SUP)ってなに!?

 

小笠原諸島 父島 サップ SUP スタンドアップパドルボード レンタル 料金

出典:http://www.surfschoolparadiso.nl/

 

名前からしてなんだか気になりますよね^^

正式名称は「スタンドアップパドルボード」といって、サーフボードの大きいものの上にひとが立ち、立った状態でパドルを使って漕ぎ、自由に動かす乗り物(スポーツ・アクティビティ)です。

ここ3〜5年ほどで爆発的な人気が出て、海に行けば必ず見かけるようになりました。

それもそのはず、サーフボードの場合だと腹ばいになり、パドリングも慣れてなければすぐに疲れてしまいます。

しかしサップだと、立つことさえ出来ればあとはスムーズ。

 

小笠原諸島 父島 サップ SUP スタンドアップパドルボード レンタル 料金

出典:http://img.activityjapan.com/

 

パドル(オール)を使うので、しっかりと水を掴み、スーっと進みます^^

サップにもサイズが様々で、二人乗れるものもあれば一人用で尚且つギリギリ浮くか浮かないかの浮力で波乗りに適したものもあります。

サップで波乗りも凄いですね。

人が少ないビーチでしたらチャレンジしてみてもいいかもしれません^^

シーカヤックやカヌーなど、人力の海遊びは沢山ありますが、サップのオススメな点はズバリ「立てる」ところ。

海の上で立つだけで、眺めが全然違います。

見下ろすように海の中を見れますし、爽快感がまるで違うという点がサップをオススメする理由です^^

優雅に海に浮き、上からの眺めを堪能してください。

ある程度動かせるようになってくると、かなり楽しいですよ^^

 

小笠原諸島ではサップが超おすすめ!

 

人気急上昇中のサップですが、小笠原諸島ではこのサップが超オススメなんです^^

それもそのはず、夏の小笠原は高気圧が張り出し、気候がピタっと安定します。

鏡のようになった海を見たことがありますか?

通称ベタ凪と呼ばれること夏の海が、もう最高。

 

小笠原諸島 父島 サップ SUP スタンドアップパドルボード レンタル 料金

 

この時期を楽しみにして住んでいると言っても過言ではないでしょう^^

ツルッツルに輝いている海は、まさに日本の誇る絶景。

泳ぐと「トロッ」としたような柔らかさに包まれます。

その磨き上げられた海面の上を、サップでスーっといくのが夏の醍醐味。

さらに、世界有数の透明度を誇る小笠原の海は、上から眺めるのにも非常に適しています。

 

小笠原諸島 父島 サップ SUP スタンドアップパドルボード レンタル 料金

 

下の砂の粒まで見えるし、色とりどりの魚、さらにはイルカ、水色に輝く海の世界があります。

絶好調にコンディションが良いときにサップを楽しめたのなら、あなたは絶対に小笠原の虜になるでしょう・・^^

乗りこなせる方はすぐに自由に動かせるようになりますが、うまくバランスを取れない方でも、それすら良い思い出になりますよ^^

風も落ち着いて海に浮いてる音を楽しみ、オレンジから赤色に染まっていく景色を堪能してみてくださいね。

基本的におがさわら丸停泊所対岸側の、扇浦海岸でのアクティビティになります^^

レンタルバイクやバスでも簡単にアクセスできるのでぜひトライしてみましょう。


スポンサードリンク

どこで借りられるの?料金はいくらくらい?

 

さて、そうなると気になるのはレンタルショップ。

今回ご紹介させていただくのは「サーフショップ ラオ(RAO)」。

 

小笠原諸島 父島 サップ SUP スタンドアップパドルボード レンタル 料金

出典:https://raosurf.files.wordpress.com/

 

こちらは生粋の小笠原島民である宮川さんが経営されている島内唯一のサーフショップ。

サーフショップ RAO ホームページ
GoogleMapで見る

島中のサーフポイントも宮川さんが開拓したとか・・

こちらは扇浦海岸のほぼ目の前、さわやかな外観でパッと分かるお店。

サップのキャパシティは現在6台分あるとのこと。

慣れてきたり、カップルなどでお越しの方は「二人乗り」もオススメですよ^^

気になるお値段ですが、

 

・軽いレッスン
・ライフジャケット貸し出し

 

などがついて6300円とのことです^^

オススメはやはりサンセットサップ。

 

小笠原諸島 父島 サップ SUP スタンドアップパドルボード レンタル 料金

出典:https://oki-raku.net/

 

扇浦海岸からも時期によりますが、夕日が沈む瞬間に立ち会えるのでオススメ。

昼下がりから遊び、ゆっくり焼けていく空を見ながらそのままサンセットを堪能しましょう。

インフレータブルSUPといって、空気で膨らませるタイプのサップもあります。

内地の海等で慣れ、購入して小笠原で持ち運んで様々な場所でやるのもかなり面白いかもしれません^^

折りたためばバックパックくらいのサイズになるので、簡単に色々な場所にアクセスできますね^^

 

小笠原諸島 父島 サップ SUP スタンドアップパドルボード レンタル 料金

出典:http://akapon.travel.coocan.jp/

 

小港海岸からコペペ海岸に行ったり、ガイドを付けて自前サップでジニービーチにチャレンジしてみてもいいかもしれません^^

ベタ凪でよく晴れ渡った日だと、もう最高です。

Goproや水中カメラを用意して、バッチリ良い写真を収めましょう^^

 

まとめ

 

今回は小笠原諸島でオススメのサップ(SUP)についてまとめてみました^^

まだまだ人気上昇中のサップですが、鏡張りのようなベタ凪が最高なこの島では、かなりのオススメとなります。

カップルでも親子でも、お友達同士でも、このサップを楽しんでみてくださいね^^

泳ぎに自信のない方はライフジャケット必須ですよ!


スポンサードリンク

 - オススメ , , , , ,