オガサワライフ.com

小笠原諸島の観光情報まとめサイト

小笠原諸島父島の島民おすすめシュノーケリングスポットや注意点!

   

こんにちは^^

今回は小笠原諸島父島の、島民おすすめシュノーケリングスポットについてご紹介していきたいと思います。

綺麗な海といえば、シュノーケリングは欠かせませんよね^^

ダイビングほどお金もかかりませんし、老若男女、すべてのひとが楽しめるマリンアクティビティです。

しかし海は一歩間違えれば危険なことにもなりかねません。

注意点なども含めて、オススメ度数にして見ていきましょう^^


スポンサードリンク

小笠原諸島父島ではシュノーケリングが超オススメ!

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

出典:http://miyatabi.com/

 

絶海の孤島、小笠原諸島父島では、毎日どこかで必ずと言っていいほどシュノーケリング(スノーケリング)しているひとを見かけます。

それもそのはず、シュノーケリングとは誰もが簡単に始められる海遊び。

まずはシュノーケリングとダイビングの違いを見てみましょう^^

 

シュノーケリング
・マスク、フィン、シュノーケルの3点セット
・ライセンスが必要ない
・年齢制限がない

ダイビング
・上記3点セットに続き、空気タンクやレギュレーターなど、機材がたくさん必要
・ライセンスが基本的に必要
・年齢制限がある

 

と、シュノーケリングの方が格段に敷居が低いことがわかります。

基本的にスキューバダイビングをする際はお金がかかりますが、シュノーケリングはタダ。

もちろん、ダイビングは敷居が高い分、見れる世界もかなり変わってきます。

しかしながら、老若男女が手軽に楽しめるマリンアクティビティとして、シュノーケリングはかなりオススメです^^

特にここ、小笠原諸島は世界有数の海を誇る島であり、ちょっとその辺で潜るくらいでも十分に素敵な世界が広がっています。

バイクで島を散策する際など、シュノーケリングのセットは間違いなく携行したいですよね!

 

シュノーケリングする際の注意点!

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

 

さて、ダイビングよりもお手軽で、子供からご年配の方まで楽しめるアクティビティであるシュノーケリングですが、お手軽な分、自分でリスク管理をしなければなりません。

ダイビングは基本的にインストラクターが帯同していますので、万が一の場合でも安心ですが、シュノーケリングはそうもいきません。

小笠原諸島での素敵なシュノーケリングを楽しんでいただくために、注意点をまとめてみます^^

 

出来るだけ一人で入らない

 

これは一人旅なら仕方がないことですが、シュノーケリングなど、海へ入る場合は出来るだけ1人で入らないように心掛けましょう^^;

ほとんどの事故が1人でのシュノーケリング中に起きています。

やはりショップのダイバーさんなどと一緒に入るのが一番安全です。

 

足のつく水深で楽しむ

 

足がつかなければ、つまりは溺れます。^^;

パニックになったときに基本的に溺れやすくなりますが、シュノーケルに慣れている人でも要注意。

ちょっとしたカレント(離岸流)に気付いたら流されていて、慣れているひとでもパニックになり溺れてしまうこともあります。

不安な方は、足がつく水深で楽しみましょう。

 

カレント(離岸流)に気をつける

 

前述のカレント(離岸流)に気をつけてシュノーケルを楽しみましょう。

ダイビングやサーフィンをする方ならお馴染みのカレント。

説明すると、陸から沖に向かって流れる一部の海流がカレントといいます。

これにハマってしまうと、サーっと沖に流されてしまい、気付いたらビーチがかなり遠くに・・

サーフィンでも、初心者がこのカレントに毎年流されてしまう事故が多発しています。

対策としては、シュノーケリング中でも随時、景色を確認して自分の位置を確かめること。

慣れればこのカレントが発生しているところがわかるようになってきますが、基本的に判断するのは難しいです。

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

出典:http://www.kaiho.mlit.go.jp/

 

潜りながらでも、水面に上がった際はすぐに景色を確認して自分が流されていないか注意してください。

沖に向かって流れる離岸流に限らず、特に小笠原諸島では瀬戸に面していて急な流れが目の前にある・・というポイントも多数あります。

注意を促すブイがあったりしますので、そこから先には絶対に行かないように気をつけてください。

父島とお隣の兄島の間にある兄島瀬戸では、聞いた話によると、流れの強い日は潜って海底の岩にしがみついてないとあっという間に流されるとか・・

海は楽しく、自然の宝庫ですが事故が多いのも事実。

潮の流れには十分に注意しましょう。

島民が近くにいたら、注意点などを訊くのもいいですね^^

 

日射し(日焼け・熱中症)に気をつける

 

内地の日射しとはレベルが全然違います^^;

紫外線は強烈に強く、普段あまり日焼けをしていない観光客にとってはかなりの脅威となってしまいます。

2時間も浴び続ければ肌は真っ赤になり、最悪の場合火傷となります・・

その他、遊びに夢中で気付いたら脱水症状に・・なんてことも。

飲料水は必ず1リットルほど携帯し、日焼け止めやラッシュガードなども用意しておきましょう。

体力に自信のある若者でも、熱中症は本当に一瞬でノックアウトされてしまいます。

塩分も摂れるように、塩飴なども持っておくとなお良し!

 

リーフでのケガに気をつける

 

シュノーケリングや磯遊びの際は、岩場や珊瑚礁などでのケガに気をつけてください。

「え?」と思ってしまうくらい、スパッと簡単に切れてしまいます。

特にサンゴには毒があるものもありますので、治りが遅くなることも。

リーフブーツを履き、滑りやすい場所は避けましょう。

シュノーケリングの際も、サンゴには十分気をつけてください。

基本的に触らないようにしましょう。

 

シュノーケリングの基本スキルを覚える

 

シュノーケリングの基本スキルである

・マスククリア
・シュノーケルクリア

こちらを覚えときましょう。

この基本スキルが出来ないと、マスクに水が入ったときに焦ってしまったり、シュノーケルの中に溜まった海水を誤飲してしまいます。

足の着かない水深で焦ると、高確率で事故のもととなります・・

お風呂や浅瀬で練習しておきましょう。


スポンサードリンク

小笠原諸島父島のおすすめシュノーケリングスポット!

 

さて、ではおすすめシュノーケリングスポットについて見ていきましょう!^^

ぜひこの記事を参考に、色々散策してみてくださいね。

 

宮の浜

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

出典:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/

 

おがさわら丸船着き場からバイクで5分〜10分ほどにある、北側に向いたビーチ。

ここは人気度も高く、外洋に面しているため、海水の出入りが多く常に良い透明度を保っています。^^

ビーチから向かって右側にサンゴや小魚がたくさん生息し、中央あたりは綺麗な砂地が広がっています。

観光客や島民のお気に入りのスポットでもあるため、ある程度人はいますが、その分安心感もありますね。

注意点は、潮の流れ

兄島瀬戸が目の前なので、黄色いブイを超えて泳いでいるとあっという間に・・

絶対にブイは越えないようにしましょう。

兄島関係の船も、宮の浜で乗船下船をしているので、船の巻き込み事故なども十分に注意が必要です。

一番手軽に良い透明度を味わいたいのならここ^^

 

トイレ:有
水道:有
シャワー:無
自動販売機:無
アクセス:★★★★
危険度:★★★
オススメ:★★★★

Google Mapで見る

 

前浜 (大村海岸)

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

 

おがさわら丸船着き場から一番近く、メインビーチともいえる大村海岸、通称前浜

人で賑わっているため、プライベート感はイマイチですが、ここでも十分に楽しめます。

透明度も、海のコンディションが良ければ十分。

サンゴもビーチもあり、まさにメインビーチにふさわしい条件。

まずはここで慣れましょう^^

注意点は、ビーチ側から入ると気を抜いて、意外とすぐあるサンゴで足を切ってしまう可能性があります。

基本的に人が多いですが、海は海なのでしっかりケアをして楽しみましょう^^

 

トイレ:有
水道:有
シャワー:有
自動販売機:有
アクセス:★★★★★
危険度:★★
オススメ:★★★

Google Mapで見る

 

コペペ海岸

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

 

街からバイクで10〜15分、ビーチ自体はそこまで広くないけど、ちょっとしたプライベート感を味わえるポイント。

「コペペ海岸」「州崎」の方面にずっと直進すればまた案内板が出てきますので、見逃さないようにしましょう。^^

観光客もちらほら居ますが、先述の宮の浜や前浜に比べたらかなり少ないのが特徴。

ビーチグラスを拾い、木陰で休み、思いっきり泳ぎましょう。

自動販売機や水道はないので水分補給には十分注意!

 

トイレ:有
水道:無
シャワー:無
自動販売機:無
アクセス:★★★
危険度:★★
オススメ:★★★★

Google Mapで見る

 

小港海岸

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

出典:https://image.jimcdn.com/

 

コペペ海岸の隣にある一番広いビーチ。

夏は沖に乗れるブイもあり、島民も楽しむポイント^^

バスも通っているため、バイクを使わない方でも安心して行けます。

フリスビーやバレーボールなどがあると楽しいかもしれません。

シュノーケリングは、基本的に砂地なのであまり面白くないかもしれません。

そのまま夕焼けを見ちゃいましょう!

バスで行く方は帰りの時刻をチェックすることを忘れないように!

 

トイレ:有
水道:有
シャワー:無
自動販売機:無
アクセス:★★★
危険度:★★
オススメ:★★★

Google Mapで見る

 

境浦海岸

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

 

こちらはバイクで5分ほどのビーチ。

バイクを停めた後に5分ほど坂を下ります。

すると、ちょうど二見湾の真ん中あたりに。

沈船があるポイントで有名ですね^^

沈船にはシュノーケリングで行ける距離ではあるものの、途中から足が着かなくなりますので要注意。

慣れている方にとっては最高のポイントになると思います^^

 

船着き場から「州崎」「コペペ」方面に行く際、最初のトンネルを抜けたらすぐです。

左に駐車場がありますので見逃さないようにしましょう。

 

トイレ:有
水道:?
シャワー:無
自動販売機:無
アクセス:★★★
危険度:★★
オススメ:★★★★

Google Mapで見る

 

扇浦海岸

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

出典:https://pbs.twimg.com/

 

おがさわら丸船着き場からバイクで10〜15分ほど。ビーチに面した白いレストハウスが目印^^

おがさわら丸が停泊する二見港の対岸になりますので、おがさわら丸を遠くから眺めることができます^^

トイレやシャワーも完備、前浜の次に整っているサブビーチとでも呼ぶべきでしょうか。

湾内を広く見渡せ、ベタ凪の日にはサンセットSUP(スタンドアップパドル)が最高!

近くにはビーチコマという売店もあり、飲料水やタバコ、軽食など購入できます。

道路を挟んで目の前にあるサーフショップRAO(ラオ)でSUPを借りましょう^^

 

トイレ:有
水道:有
シャワー:有
自動販売機:有
アクセス:★★★★
危険度:★★
オススメ:★★★

Google Mapで見る

 

製氷海岸

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

出典:http://www.marinediving.com/

 

広大な枝サンゴが見れる最高なポイント。

バキバキと生える枝サンゴがここまで見れるのは、日本でも少ないのではないでしょうか・・

サンゴとサンゴの隙間をくぐり抜ける小魚たちも、なんだかさらに異世界感が出ています。

そしてここは素潜りでも人気のあるポイントで、ちょっと泳げばガツンとドロップオフ。

ビーチからここまで手軽に深くなるポイントはなかなかないそうですよ。

しかし、まれにハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)やメジロザメが現れることもあるので注意が必要です。

基本的に小笠原のサメは人を襲いませんが、足を切って出血している場合や、魚突きやタコ獲りなどで腰に獲物をぶら下げている場合などは追ってくるので要注意。

もう少し真っ直ぐ行けば、海洋センター(カメセンター)がありますので、そちらで資料などを見ても面白いかと思います^^

 

トイレ:無
水道:無
シャワー:無
自動販売機:有
アクセス:★★★★
危険度:★★
オススメ:★★★★

 

Google Mapで見る

 

ジョンビーチ、ブタ海岸

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

出典:https://pbs.twimg.com/

 

小港海岸入り口から左へ真っ直ぐ。

ちょっとした登山を経て辿り着くのは中山峠。

さらにそこから下り、まずはブタ海岸。

ここはあまりシュノーケリングポイントとしてはおすすめできません。

さらに海岸沿いを歩き、もう一山越えるとジョンビーチに着きます。

筆者はブタ海岸・ジョンビーチでシュノーケリングをしたことがありませんが、どうやらジョンビーチは綺麗みたいですよ^^

海からのアクセス限定ですが、さらにもうひとつ隣のジニービーチは父島最強のスポット(ビーチ)です。

ツアーを予約して行くしか方法がありませんが、異世界の空間を味わうことができるでしょう^^

ジョンビーチ・ブタ海岸まで行くと人はいませんので、万全の準備をして向かいましょう。

もちろんトイレや水道もありません。

プライベートビーチがいい!という方には一番のオススメポイントです^^

 

トイレ:無
水道:無
シャワー:無
自動販売機:無
アクセス:★
危険度:★★★
オススメ:★★★

Google Mapで見る

 

番外編!:釣り浜

 

小笠原諸島 父島 シュノーケリング ポイント おすすめ

出典:http://img01.ecgo.jp/

 

前述の宮の浜の右隣にあるポイント。

小笠原高校の道を真っ直ぐ登り、高校を通り越してすぐに案内板がありますのでよく見ておきましょう。

ここは観光客にはあまり知られていません。

また、島民の中でもかなり人気が高いポイントです。

安定した透明度と魚群、サンゴ、かなり楽しめるでしょう^^

難点としては若干アクセスが悪い点と、あとは潮の流れ

今回紹介したポイントの中で、多分一番流されやすく、注意が必要なポイントです。

目の前は兄島、強烈な流れを誇る兄島瀬戸が眼前に広がっています。

ちょっとでも湾からでたらスーーーー・・・

水難事故が多いポイントでもありますので、絶対に奥まで行かないようにしましょう。

ちゃんとリスク管理をした上で遊ぶなら、個人的には一番オススメのポイントになります^^

水分や携行食を忘れずに!

 

トイレ:無
水道:無
シャワー:無
自動販売機:無
アクセス:★★
危険度:★★★★
オススメ:★★★★

Google Mapで見る

 

まとめ

 

いかがでしたか?

小笠原諸島父島のオススメシュノーケリングポイント一覧です。

前浜や扇浦などの、ビギナーズポイントに飽きたらコペペ海岸や釣り浜などにチャレンジしてみましょう^^

日焼け対策や飲料水は絶対に忘れずに!


スポンサードリンク

 - オススメ , ,